初心者におすすめのマシンはどのタイプ?

初心者におすすめのマシンはどのタイプ?

以前、初心者に起こりがちな失敗(リンク)をいくつかご紹介しましたが、タトゥーを始めたての皆さんはきっと、同じ疑問を持っていると思います。最高のタトゥーマシンはどれ?” または “どのマシンから始めるべきか?躊躇してしまっているのは、恐らくあなただけではありません。知り合いにタトゥーアーティストがいる方は、マシンの重要性を教えてくれるでしょう。しかし、具体的にどのようなものを選べばいいのでしょうか?このブログでは、タトゥー初心者がタトゥーマシンセットを購入する前に考慮すべきことを書いていきます。

2種類のベーシックなマシンタイプ

タトゥーマシンのブランド、価格、品質を検討する前に、タトゥーマシンの基本的な種類は抑えておくべきでしょう。コイルマシンロータリーマシンです。どちらも90年代後半に発明されたものですが、当時の技術では、ロータリーマシンはあまり普及しませんでした。

コイルマシン

コイルマシンは、古典的なタトゥーマシンです。コイルを通過する電磁波の交互電流によって、磁石が素早くオン・オフすることで動力を得ています。これによりバネが規則正しく動き、タトゥー針が皮膚に当たります。

出典:https://pinktattoo.jp

コイル型の特徴

コイルタトゥーマシンは外からあらゆる部分を見ることができるので、どのように皮膚にタトゥーが残っていくのかを、比較的理解しやすいです。あらゆる部分が見えるということは、マシンに何かトラブルが発生した際も、どこが原因かがわかりやすい点も特徴です。マシンの構造が比較的単調ですので、自分で修理が可能な点は、良いところとして挙げられるでしょう。

逆に不便な所としては、マシンが重いところでしょうか。重金属のコイルと磁石を使用しているため、施術中の手首にかかる負担はかなり大きくなります。筋肉や骨に神経が圧迫され、痺れや痛みを発症する手根管になるアーティストは、残念ながら一定数いるようです。

他にも、従来のタトゥーニードルを使用するため、カートリッジへの装着が比較的困難、コイルの動力が剥き出しなため騒音が発生する、ストロークの調整も慣れが必要など、使い勝手の悪さは否めない部分が露呈してしまっています。

ロータリーマシン

ロータリータトゥーマシンにはモーターが内蔵されており、アーティストはボタン一つでその周波数を調整することができます。モーター制御なので、色ムラの心配は全くありません。軽くて手に持ちやすく、タトゥーペンは様々なブランドがあり、年々バージョンアップしています。

ロータリー型の特徴

モーターを内蔵しているため騒音がほとんどなく、過度な金属部品がないため軽量化されています。コイル型のように手首に負担がかかることを軽減できます。ロータリータトゥーマシンはタトゥーカートリッジを使用しているため、ラインやぼかしなど、状況に応じて素早くニードルを交換することが出来ます。また、多くのタイプはバッテリーが本体と別になっているので、持ち運びやすいのも大きな利点です。

一番の特徴は、デジタル画面や磁気バッテリー、複数の電源ポートなど新機能が搭載されていくことです。近年では、アプリやアクセサリーで、機能をアップグレードすることも可能ですので、是非色々なタイプのロータリー型マシンをチェックしてみて下さい。

まとめ

タトゥーマシンは、90年代に登場したときから大きく変わりました。より軽く、より安定し、多くの便利な機能を持つようになりました。今でもコイルマシンを使っているアーティストもいるでしょう。しかし、技術は年々進歩し続けていきます。上記からわかるように、ワイヤレスロータリータトゥーペンは多くの点でコイルマシンを凌ぎ、より安定したパフォーマンスを引き出します。構造や仕組みを理解したい、レトロなタイプに魅力を感じる人は、コイル型をお勧めしますが、初めてのタトゥーと考えると、やはりロータリーペン型タイプがベストでしょう。

FLAG TATTOO SUPPLYでは、コイル・ロータリー型どちらも揃えています!是非ご検討ください!

参照

本記事はこのページを和訳・再編したものです。